無事窓口設置 しかし…

どうにかpottery art shopと無量窯の窓口になるメール箱の設置がうまくいった。

ヤレヤレである

Facebookの方も無事登録終わり、Google+の方に窯主の作品コレクションのページも準備できて少しずつ画像をアップしている

 

ところが…

 

facebookの方は次から次にともだちリクエストが送られてきて、「こんな時代だから、あなたの歩く道々のたんぽぽでありたい。」という言葉で始めたHPなので、無量窯のたんぽぽ小僧を観ていただくのに、友達になる人を選ぶというのも不自然に思い、来る人拒まずとリクエストを承認していると…

 

タイムラインが中国の人だらけになって、まるで爆買いムードのお喋りが続き、翻訳なしでは読めない状態になった。それから彼氏募集中なのか若い子の今日の占いとか、自分の見合い写真のような自己アピールの大きな写真が上がってくるし…

 

おまけに友達の友達というので、テロ事件の首謀者のようなゴッツイおじさんがグループでリクエストやメッセージを送ってくる。中にはアフリカの何かの団長から、寄付を募る長文がメッセージに届く。アプリ勧誘や起業案内のページを貼り付けてくる人…などなど

 

結局お世話になった恩師知己の方などの日々の投稿が埋まって見えなくなってしまった。これはツイッターでも経験したことだが、結局は人を選ばないとならないようである。

みんな一緒に仲良く…なんてままごと事で、実際は通用しない現実。

 

他の作業でいそがしかったから、とりあえず150人近いリクエスト者をすべて受け入れて了解を送っていたが、それは間違いであった。中にスパムメールというものも入っているとか知って、遡って一つづつチェックして、今、ようやく70人で落ち着いた。

今後はリクエストもらうたびにチェックしていくほうがいいということだ。

 

そうこうしていると、またまたfbセンタ-から本人確認の写真を送るように指示が送ってきて

再びしばらくのログアウト(一時停止)をくらったという。何かスパム的なものがあったのだろうか。

 

なんだか…ネットで仕事をすることのヤヤコシサ。ほとほと出だしから草臥れた。自分の無知さも

痛感している。もう今となっては、fbさんから再開許可のお知らせを待ちながら、

もうそういうものはあってもなくてもよいと割り切って、地道にHPを完成させようと思う。