お盆8月の観心寺さんはしっとりとヒメガマが涼しげでした

                               お父さん 撮影

              

             

       古代の神話の中で、白兎の傷を癒やしたガマの穂が

       さまざまな事故や災害の多かったこの年の夏を癒やしてくれるように、

       菩提寺の架け橋のたもとに群がっていて

       オリンピック参加の吉報もまたその橋のひとつ

       そして、同じこのお盆に打ち上げられた関門橋の花火をここに・・・・

             

8月15日  みなさん佳き日に

      この日のために上がったお盆花火です (関門海峡)

8・12 お盆入の蛍くん

        

        みなさんも 佳きお盆を

        会いたい人が 会いに来てくれて

        そして今日帰っていきます

 

        ありがとう 元気でね 

        また会いましょうの花言葉 白彼岸花を

 

 

     昭和最後の63年9月に生まれた息子にとっても思い出深いこの曲

    この翌年64年に元号が変わりました。右も左も真ん中も関係なしに

    この曲は昭和の最後を追悼する美しい名曲だと思えます

    お盆の中日が終戦の日で、昭和を生きてこられたみなさんに届けます

    よかったら聴いて下さい

 

とうとう夏になりました

          みなさん お変わりありませんか

 

        汗だけはたくさん

        その分水分補給で お元気でいて下さい

 

        足腰の痛みやこむらがえり

        ほとんど水1.5リットル飲むとなくなるようです

        どうぞ いい夏をお過ごしください

        工房では この熱さの中

      粋なあさがおがひとつ咲きました

      背筋のばして 空をみる

      綺麗な朝を運んでくれました

 

7月22日-23日 日本海夕日が浜へ 窯主打ち合わせに

    22日の海辺情景 送ってくれました  

   この夜九州中津では祈りの花火(このページ一番下の末尾↓ ご鑑賞下さい)

    23日の夕日 送ってくれました

           花は半開 酒は微酔

           飲み過ぎて夢うつつの空言にならぬように、祈り天にお任せして(笑)(^_-)-☆ こちら

           からは無事と順調を祈って 花火を

    

    七夕の日には 昼間 夜空への前触れで

    雲の天の橋立かかりました(^_-)-☆

今年、七夕に作った動画 末尾↓に載せてます よかったら御覧ください

 

 

 

    器はぽつんとして

     何も言いませんが

 

    じっと待っていて

 

     だれかが

     自分をどこに置いて

     どう使ってくれるのか

     

     夢を見ているようです


 

 

   ときには

     おそろいで

 

   まどべから

     訪れてくれる人を

 

   思い描いて

     おしゃべりをしたり


 

 

 

 花を添えると

   花が活き

  

   器もうれしいと

     つぶやくようです

 


               

             そんな器を

             じぶんにしか作れない器を

             一緒につくりましょう

 

             雨の日の合間には

             その心の形をした初夏の花に

             会えるかもしれません         

             

             

             

花火の季節  思い出の花火